2003年10月8日、仕事で8日間の中国出張です。
c0077129_21283130.jpg

まずは上海に到着。
高層ビルが並ぶ中に、昔の低層住宅も。土地は全て国のものなので、万博に向けて古い
住宅は強制撤去。いたるところでスクラップ&ビルドが続いています。
c0077129_21284288.jpg

市内の公衆電話はアテにならないみたいなので、関空から携帯をレンタル。モノクロ画面です。
c0077129_21285247.jpg

宿泊先のホテル、華亭賓館(ホアティンビングァ ン)。
名前を英語で言っても、ローマ字、漢字で名前を書いても、予約がないと言われ焦る、、、
社名を中国語で書いたら、何故か通じました。
???
c0077129_21285973.jpg

ホテルのテレビをつけると、CNNでシュワルツネガー知事当選のニュースが。
滞在中、上海テレビ系ヤングチャンネルを連日見てました。ドラマは日本的なものが多く、
トレンドドラマは男女ともモデル出身俳優が多いのだと。
で、おもしろいのは中国の女の子は皆チャイナドレスを持っているらしい。
が、これは風習うんぬんでなく、去年流行ったドラマの主人公がチャイナドレスを着ていた
から買ったらしいです。
c0077129_2129896.jpg

上海のスタッフに連れられて、人気の上海料理店へ。メニューはなし。1階にならぶ100皿
以上の実物サンプルから選びます。
c0077129_21291724.jpg

選んだ料理の、味付けの好みをお店の店員に伝えます。日本人だけでは来れない店です。
シーズンだけに上海ガニがおいしい。さんざん食って飲んで1人1300円くらいでした。
c0077129_2129246.jpg

仕事の手伝いに来てくれた、ユンちゃん。上海外国語大学に通う大学生で、日本語、英語
がペラペラの才女です。
c0077129_21295210.jpg

バスに乗って、仕事関連のレセプションパーティへ。街の中心部、南京東路に到着。
真ん中を流れる黄浦江から出る観光船にのって、船上パーティへ。
c0077129_2130205.jpg

船から見る夜景がきれいです。
ユンちゃんにお酒をつごうとしたら、ほとんどお酒が飲めないらしいので、一緒にコーラで
乾杯。
「中国には、『深い間柄でかわす乾杯は、水をお酒にかえる』 ということわざがあります」
と教えてくれました。いいことわざですね。
c0077129_21302878.jpg

地下鉄での看板。携帯電話の広告が多いですが、ノキア、サムスン、モトローラが熾烈な
競争してるみたいです。
c0077129_21303896.jpg

昼は、台湾系の中華ファーストフード店へ通う。ラーメンで4元(60円前後)くらい。
上海育ちのスタッフと同じメニューを注文。チャーハンも、油っぽい焼きそばも、そしてトーフスープも美味。ただし、水やジュースは料理より高くて、倍くらいする店もあり。
c0077129_21304774.jpg

歩行者天国では、こんなバスで移動できます。
c0077129_21305663.jpg

上海に来てから、6日目。ほとんど朝から晩まで中華。意外とつらくはありません。
天津から来てるスタッフと、たまには裏通りの店にも行ってみようということで、とある食堂へ。
c0077129_2131145.jpg

具は豚か魚か選ぶだけ。たしか3.8元(60円くらい)。
メンはコシがない。見た目以上にあっさりスープです。ラーメンはやっぱり日本が一番です。
c0077129_21312083.jpg

夜ちょっといい店に連れてってもらえるも、、日本語のフリガナが怪しい。
c0077129_21312838.jpg

まゆねづえび?注文したら、やっぱり「マヨネーズえび」でした。
c0077129_213138100.jpg

6日目、上海から天津へ移動です。国際線はいまや浦東(プードン)国際空港ですが、国内
線は昔の国際空港、虹橋空港から移動します。
c0077129_21314796.jpg

同じ時刻にどんどん出発します。ほんまかいな?(この後、実態を知る)。
c0077129_2132513.jpg

天津へは中華国際航空で(写真は北京で撮影した中華国際航空の飛行機です)。
搭乗口にならんでいるも、列が動かない。
たまたま隣を見ると、乗るべき天津便は隣の搭乗口にいつの間にか変わっている。
恐ろしい。。
15分後れで出発。普段は30-40分遅れくらいは当たり前だそうです。
狭い機内に、西洋人やモンゴル系のおっさんやら多種多様の人種がビッシリ座る。
かなり暑苦しいです。
が、通路側に座る自分のヒジにお尻をあててきたり、やたら触ってくる中国美人CAに
ウィンクされました。うーん、+-ゼロです。
c0077129_21321279.jpg

工業都市、天津に到着。10車線もある、どでがい高速道路を、かなり昔のアウディ100の
タクシーで爆走。
天津は無免許タクシーがたくさんいて、天津駅に到着するとゾンビのごとくタクシーの運転手
がまとわりついてくるらしいです。
宿泊はホテルでなくインターナショナルビルディングというオフ ィスビル兼用滞在型マンション。(一人で泊まるというのに・・)2LDKもある、31階の部屋からの天津の街を。朝の6時です。
c0077129_21322172.jpg

天津の工場にて、製造している中国人スタッフと同じ昼食(確か15円くらい)を食べる。
見た目とは裏腹にかなり厳しい味です。
人間として食べれるギリって感じ。普段、会社の食堂のメニューに文句を言ってる自分に
ちょっと反省。
c0077129_2132292.jpg

7日間、ここまですべて中華料理。
最終日の夜、天津にいる日本人スタッフに食事に連れてってもらえることに。
かなり(和食を)期待してたのに、なぜかタイ料理でした。。。
c0077129_21323631.jpg

あっという間に8日が過ぎて帰国。天津から北京空港まではバスで2時間半の旅です。
c0077129_2132481.jpg

途中の休憩所で見た、親亀小亀トラック。大陸的。
8日間、実はいろいろトラブルが多かったのですが、国のデカさと、いろんな人に出会えて、刺激の多い中国でした。

allphoto by MINOLTA DiMAGE X20
[PR]
# by buonoblu | 2003-10-08 19:49 | China
←menuへ