仕事で2週間、ヨーロッパへ。
東京から来る人とフランクフルト空港で待ち合わせのため、まずは一人で関空から、
ルフトハンザ航空で12時間のフライトに。
だが、フランクフルトで待ち人来ず。。成田発の便がトラブルで飛ばなかったそう。
c0077129_22342760.jpg

長ーい地下通路を進んで、またもや一人で国内線へ。これからボンを目指します。
ボンへは地元エアー、ユーロウィングのプロペラ機。
c0077129_22345435.jpg

バスで近づくも、まだ荷物を積み込んでる最中。
なんだか、様子がおかしい。。。
困り果てたポーズをしながら、なんと、積んでた荷物をほとんど降ろし始める!
げげっ!とりあえず、人は飛行機へ。・・・で、に、荷物は???
ボンについたら、予想通り自分の荷物は未着。
今日の夜中までにはホテルに届けるとのこと。(結局、荷物が来たのは翌朝でした)
出始めから、トラブル続きです。
c0077129_22493910.jpg

宿泊先のヒルトンボン。ですが、運営はホリディイン。うーん。いまいち納得できません。
c0077129_22495252.jpg

廊下がやけに広いです。
ホテルの朝食は2600円!もするので、ほとんど毎朝、ロビーカウンターに置いてある、
リンゴ(無料)が朝食になりました。
c0077129_22352015.jpg

旧西ドイツの首都であったとは思えない程、静かで緑の多い街。
c0077129_22353178.jpg

(土曜日に着いたこともあり)人と出会うことの方が難しいくらい。
c0077129_22354886.jpg

メインの広場にあるのが、ボンの市庁舎。
c0077129_2236133.jpg

ベートーベンの生誕地なのです。
c0077129_22364316.jpg

新聞販売機。どうやったら買えるのか、わかりませんでした・・
c0077129_22365827.jpg

市内の移動はバスか路面電車、またはタクシー。
c0077129_22372385.jpg

タクシーは皆ベージュカラー。ベンツEクラス、Cクラス、ボルボワゴンなどなど。
最終日の空港への移動はタクシーだったので期待していたのですが、、、
来たのがマツダのプレマシー。なんでやねん。
で、プレマシータクシーでもアウトバーンを200km/hで爆走。かなりびびりました。
c0077129_22394210.jpg

路線バスは、ほとんど時間どおりには来ないので、初日は仕事場へ電車で行くことに。
この路面電車、直後、地下にもぐり、地下鉄となります。
チケットは販売機で買いますが、電車はワンマン、かつ降りる駅にも駅員はおらず渡す
相手がいません。お客さんの善意で成り立っている、という感じ。
あと市内は自転車王国。
c0077129_22572544.jpg

車道と歩道の間に自転車専用道があり、ボケッとそこを歩いてると、
すぐチャリンチャリン鳴らされて、ホリが深い顔でにらまれる。余計に恐いよ。
で、幼児が乗るのは、後部座席でなく、サイドカーを後ろにつなげて走るタイプが主流。
c0077129_22574235.jpg

親はめっちゃ飛ばすので、後ろの子供はかなり揺れて怖いでしょうね。
c0077129_22361626.jpg

物価が高いことともあり、ハラが減ったら、英語の通じないマクドナルドか、UBIGという
パン屋、またはトルコ料理屋のケパプ。このケパブなかなかイケました!
そんなこんなで全然ぜいたくしないのに3、4日で1万円はあっさりと無くなってしまう程
物価が高いです。。
c0077129_22401935.jpg
c0077129_22402956.jpg

c0077129_2240077.jpg

c0077129_22404761.jpg

c0077129_22412074.jpg
c0077129_22413137.jpg

c0077129_224117.jpg

金曜の夜。広場でジャズコンサートがあったりと、なんだが、やっぱり文化が違います。
c0077129_22415620.jpg

すぐに1週間経ちました。土曜の朝は、朝市が開かれます。新鮮な野菜が並びます。
c0077129_2242532.jpg

ドイツでもスイカあるんですね。
c0077129_22421912.jpg

かっこいい警察官の女性!と思ったら、ただのチラシくばりのコスプレギャルでした。。
荷物をまとめて、次の仕事場、パリへ向かいます。

allphoto by PENTAX ist*D+FA35mmF2AL
[PR]
# by buonoblu | 2004-05-30 13:02 | Europe
←menuへ