<   2008年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

c0077129_2217256.jpg

アニメのルパンでは見たことありましたが
いやー本物ですわ
c0077129_22175467.jpg

目当てのリストランテがすでにクリスマス休暇なので
なんとなくで、イル・カステロ リストランテへ
c0077129_22183963.jpg

吹き抜け下にはイタリアからの団体様
イタリア人が来るなら、なかなかうまそうかも
c0077129_22215928.jpg

このあたりはイタリアDOCGランクのワイン、
ヴェルナッチャ・サンジミニャーノの産地でして
イル・カステロさんは貴族であり、ワイン醸造所でもあり
1杯€3でグラスワインを出してくれます
イタリアの白ってこんなにうまかったっけ?なうまさ
c0077129_22221925.jpg

プリモピアットは、カルチョフォ(アンティチョーク、朝鮮あざみ)のオイル漬け
やわらかい竹の子の煮物のような食感
c0077129_22223989.jpg

フェットチーネよりまだ太麺なパスタ、パッパルデッレの
イノシシ肉のソース
いやこれが、まためちゃめちゃうまくて、2人前以上のボリューム
「モルトヴェーネ、グラッチェ、グラッチェ」とパンパンにふくれた
腹をたたいてお店のおねえさんに御礼したことは言うまでもなく、、
また来たいサンジミニャーノでした

「ごちそうさまでした」 photo by GR DIGITAL 2, SanGimignano Dec 2007
[PR]
by buonoblu | 2008-02-28 00:15 | Europe
c0077129_20541596.jpg

塔の町、サンジミニャーノ
最盛期72、今も14の塔が残ります
c0077129_21415769.jpg

ゆったりとした坂道を登ると
c0077129_21423786.jpg

最も背の高い、グロッサの塔の横にドゥオーモ

(ちなみにグロッサの塔横のインフォメーションでプルマンのチケットが買えます)
c0077129_21414028.jpg

c0077129_21425773.jpg

小さな町ですが、どこもかしこも情緒があります
c0077129_21431131.jpg

町の中心地、チステルナ広場
お金持ちが権威を競うために、どんどん作られた塔も
今では世界遺産です

「権威」 photo by GR DIGITAL 2, SanGimignano Dec 2007
[PR]
by buonoblu | 2008-02-25 21:59 | Europe
c0077129_23325121.jpg

フィレンツェからシエナへは長距離バス・プルマンで
c0077129_23433100.jpg

フィレンツェSMN駅横のSITA社バスターミナル
事前にチケットは買えて€6.5
ただしシエナから別都市(サンジミニャーノ)へのチケットは×
c0077129_23432849.jpg

シエナの高速バスターミナル
高速タイプのプルマンならフィレンツェからシエナまで75分
街を回る前に、次に目指すサンジミニャーノまでのチケット買いに、、
c0077129_23434129.jpg

バスターミナルから怪しいエレベーターで「-1」階へ
(オープンな階段もあり)
そこの売り場でシエナ→サンジミニャーノのチケットを購入€5.2(07年12月)
c0077129_2344558.jpg

シエナ→サンジミニャーノは直通バスがありますが
サンジミニャーノ→フィレンツェの直通バスがありません
中継点のポイントになるのが、「ポッシボンジ」
実は鉄道FSと同じ駅のターミナルにありますが、看板もなければ
アナウンスもなく、運転手さんに教えてもらってここがポッシボンジ
だとはじめて知りました、、
バスがなければ、ここからフィレンツェへ鉄道で帰ることも出来ます
c0077129_23442438.jpg

で、サンジミニャーノのバス降り場
帰りは先に見える一軒家の所にあります
無事到着したので、城壁に囲まれた小さな街、サンジミニャーノへ


「プルマンの旅」 photo by GR DIGITAL 2, Siena Dec 2007
[PR]
by buonoblu | 2008-02-24 00:12 | Europe
c0077129_05587.jpg

シエナの空を飛ぶ
そういえば水彩画の絵の具に「シエナ色」ってありましたね
c0077129_021046.jpg

カンポ広場に建つ、市庁舎、マンジャの塔
c0077129_023294.jpg

山の上の街だからか、フィレンツェより南にあっても、めっちゃ寒いです
またマンジャの塔が開いてないので
c0077129_031459.jpg

街で一番人気がありそうなナニーニで一息
c0077129_034012.jpg

余計に喉が渇くほど、かなり濃いエスプレッソ
でも、うまし!
c0077129_043458.jpg

影になってるマンジャの塔てっぺんから、広場を見た感じ
最初の風景は、ここから逆を方角を見た風景です
c0077129_041967.jpg

市庁舎内部の摩訶不思議なアートに後ろ髪ひかれながら
次の街へ

「シエナ色」 photo by GR DIGITAL 2, Siena Dec 2007
[PR]
by buonoblu | 2008-02-19 00:27 | Europe
c0077129_1325318.jpg

斜塔からの帰り、降りたバス停からみたアルノ川
人生の中でも、そうそう見れないだろう景色でした
c0077129_13252398.jpg

アルノ川の橋から駅前に続く通りは
クリスマス前だからか歩行者天国でした
c0077129_13253796.jpg

これだけの飾りがあれば迷いますね
c0077129_13255024.jpg

駅近くのカフェで一服
c0077129_13262100.jpg

お昼はポルトヴェーネレでがっつり食べたので
晩はパニーニとエスプレッソで

いやあ、ピサに来て本当によかった

「感動のアルノ川」 photo by GR DIGITAL 2, Pisa Dec 2007
[PR]
by buonoblu | 2008-02-10 00:00 | Europe
c0077129_13172355.jpg

来ようかどうか迷ってた斜塔のある町、ピサ
c0077129_13173960.jpg

ピサ中央駅 ロータリーを渡った向かいのバス停から
c0077129_13175375.jpg

前回ご紹介したRAM ROSSAというバスで
中央駅(STAZIONE FS)からTORREまで
アナウンスはないので、15分ほどで城壁が見えたら降りるべし、です
c0077129_1318735.jpg

すでに夕景の洗礼堂、ドゥオモ、斜塔の3点セット
朝のポルトヴェーネレでいろいろ体力使ってたので、
のんびり見て周りました
c0077129_13183151.jpg

で、ドゥオモまできたら扉がガシャンと、、、
17時で見学終了
そもそも、ひらめちゃんの遅刻でかなり遅く
着いているので仕方なしです
c0077129_13184455.jpg

当然洗礼堂もクローズド
まあ、ローマからのこの旅、教会・聖堂オンパレードで食傷気味
だったので、こんな日もあってもいいかと

「ぐずぐずです」 photo by GR DIGITAL 2, Pisa Dec 2007
[PR]
by buonoblu | 2008-02-09 01:00 | Europe
c0077129_23274980.jpg

ポルトヴェーネレ 岬の先にある、サン・ピエトロ教会
c0077129_23295113.jpg

教会のすぐ下は地中海が広がります
c0077129_23301237.jpg

本当に人に会わないので、
c0077129_2330322.jpg

この町はどこにいても、すごく静かです
c0077129_23305182.jpg

港町は、イタリアでもにゃんこが多いです
カメラを持って近づいても、一点をみつめるにゃんこ先生
c0077129_233164.jpg

しばらくついて歩いていくと、扉でぴたっと止まりました
ここが彼の家のようです
c0077129_23312018.jpg

山手は城があり、
迷路にはいったような町ポルトヴェーネレでした

「空っぽ」 photo by GR DIGITAL 2, PortoVernere Dec 2007
[PR]
by buonoblu | 2008-02-07 00:20 | Europe
c0077129_2131687.jpg

世界遺産の町、ポルトヴェーネレ
c0077129_2123513.jpg

ポルトヴェーネレへは、フィレンツェからラ・スペツィアにきて

駅のインフォメーションでポルトヴェーネレ行きのバス停を確認
(聞かねば、全然わからない、離れたところにあります ただ、この辺まで
くるとイタリア語オンリーです、、)

駅のタバッキでチケット買ってから軍港方面へむかいます

地元のおじいさん、おばあさんに混じって30分ちょっと乗車
c0077129_2121668.jpg

で、この風景 素敵すぎるのです
c0077129_2125791.jpg

閑散期の平日、朝10時 とても静か
c0077129_292671.jpg

先に食事の紹介
ぐるりと街をめぐってから、港沿いのリストランテへ
写真は海鮮リゾット
5種類の貝や海老などが入って、
ソースもライスも海の風味がいきわたってます
c0077129_2911100.jpg

この店プリモピアット、セカンドピアット、コントルニの3つで
€19のお得なセットがあります
c0077129_285724.jpg

セカンドはグリルフィッシュ イカうめえ、魚うめえ

ただ、メニュー取りに来るのも、出てくるのもイタリア時間で遅い、遅い

レストランテの窓からは、乗るべき帰りのバスからすでに3台くらい出発、、、
今日はここで一日終了か

「なぎさリゾット」 photo by GR DIGITAL 2, Portovenere Dec 2007
[PR]
by buonoblu | 2008-02-03 23:14 | Europe
c0077129_11302397.jpg

キャンティにむかう途中の教会にて
c0077129_11305249.jpg

旅行会社のキャンティワイナリーへのバスツアーに参加
12月は閑散期なので、前述で買ったワインメーカー、ディエヴォレへの
ツアーも問い合わせてみたものの、もうクリスマス休み
Alan1.netのキャンティ半日観光は比較的コンスタントに運行されて
いるので、日本で申し込んで参加
フィレンツェ駅前広場からバスがでます
c0077129_11311314.jpg

キャンティの田舎風景を車窓から見ながら、教会の見学のあと
ワイナリーへ到着
c0077129_11313419.jpg

中庭で、オーナーから歴史やワインの基礎の説明
(すべて英語で、日本語訳の冊子などもありません、、)
閑散期というもの、多国籍なお客さん30名くらいが参加
してました
c0077129_11314810.jpg

素敵なオーナーの住まいを通りすぎて地下へ
c0077129_113293.jpg

大きな樽が並び、古いヴィンテージのボトルが数多く眠っていました
日本でたらふく飲んでるキャンティワインが、こんな所で作られているのか!
と、ふむふむと実感
c0077129_1132331.jpg

最後は、3種類(白1、赤2)のワインをクロストーネとともに試飲

ワイナリーでお土産をかって再びバスでフィレンツェ駅前へ
14:00集合、18:00着と4時間程度のツアーでした

「キャンティへ」 photo by GR DIGITAL 2, Chanti Dec 2007
[PR]
by buonoblu | 2008-02-02 01:00 | Europe
←menuへ