<   2007年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

c0077129_2248322.jpg

ヴァチカン美術館の見所は回廊にもあり
c0077129_22485351.jpg

燭台、タペストリー、地図ギャラリーが続く、2Fの回廊エントランス
c0077129_22492998.jpg

いかにも「上見んさい」という演出
c0077129_22494777.jpg

天井に続く、1点1点凝った装飾とフレスコ画に釘付けです
c0077129_22511186.jpg

歩いて歩いて、やっと地図のギャラリー
c0077129_22512453.jpg

作られた時代背景が違うのか、少しずつ色調がかわっていきます
c0077129_22513943.jpg

ラファエロの間やシスティーナ礼拝堂が終わると
みなさんフィニッシュ感が高くなり、早足な感じになりますが
帰りにある1F回廊天井(トップの画像)も見逃せません

「回廊」  photo by GR DIGITAL 2, Roma Dec 2007
[PR]
by buonoblu | 2007-12-30 08:08 | Europe
ヴァチカン美術館の続きです
c0077129_0165483.jpg

最高の見所、ラファエロの間 
最初に完成されたという聖体の論議
c0077129_13967.jpg

圧倒的なフレスコ画のオンパレード
c0077129_132522.jpg

20代後半でこれらを作りあげたラファエロ君すげえですな
c0077129_133958.jpg

c0077129_1161273.jpg

全体的に暗い部屋なので、手振れ補正機能のない
GRデジタルで悪戦苦闘な撮影が続き、絵を堪能できませんでした、、、
c0077129_116303.jpg

18歳の時すでに名を馳せ、非常な富と権力をえたラファエロも
37歳という若さで亡くなります
c0077129_1164495.jpg

そして、彼の最高傑作といわれるフラスコ画「アテナイの学堂」
ここに彼の自画像もはいっていて、
その目線の先には恋人が描かれているそうですね

「ラファエロの間」  photo by GR DIGITAL 2, Roma Dec 2007
[PR]
by buonoblu | 2007-12-29 01:18 | Europe
c0077129_22565594.jpg

そしてヴァチカン美術館へ
c0077129_22572076.jpg

いきなりエジプト博物館でミイラにビビリます
c0077129_2257333.jpg

広すぎて、このとき少し迷子でした
c0077129_225746100.jpg

いつのまにやらピオ・クレメンティーノ博物館に
c0077129_22593630.jpg

古代彫刻でイタリア随一といわれるコレクションが続きます
c0077129_22575829.jpg

天井画に感動
これもまだまだ序章だったのを、後で思いしらされます
c0077129_22581363.jpg

ブラマンテ設計の螺旋階段がわからず残念でしたが
本館螺旋階段も十分魅力的でした

「螺旋階段」 photo by GR DIGITAL 2, Roma Dec 2007
[PR]
by buonoblu | 2007-12-27 23:11 | Europe
c0077129_22334394.jpg

ローマ二つ目の目的 遺跡のライトアップを巡り撮り
c0077129_22342883.jpg

奴隷と猛獣の死闘が繰り返されたコロッセオ
今やカメラで撮られまくり、恋人達がベタベタしまくりの平和な遺跡
c0077129_2236542.jpg

夜のトレヴィ のんびりできて和みました
c0077129_22362088.jpg

あっさり系観光客だらけなのか、もうここへは皆戻ってきたくないのか、
泉へ誰もコインを投げ込まず
パパに言われて、コインを投げ入れようとする女の子は注目の的
テレまくってました
c0077129_22363435.jpg

そんなこんなやりとりをじっと見つめる
お立ち台でポーズばっちり、海神ネプチューン

「永遠」 photo by GR DIGITAL 2, Roma Dec 2007
[PR]
by buonoblu | 2007-12-27 22:12 | Europe
イタリアにきました
c0077129_1393896.jpg

フィレンツェざんまいの予定が、急遽ローマを2日挿入
その理由のひとつが、ヴァチカン市国 サン・ピエトロ寺院への訪問
c0077129_1395654.jpg

2004年、パリで訪れたサクレ・クール寺院以来、
年々教会に関心が高まり、カトリック総本山に来ずにおれませんでした
c0077129_1401070.jpg

圧倒的な寺院の高さ、スケール
人間は本当に小せえなぁ
c0077129_140216.jpg

でも、その人間が作ったのだから、恐れ入ります
完成まで110年におよんで作りあげた、その信心とパワーに感銘
c0077129_1403585.jpg

ベルニーニ作「天蓋のある主祭壇」
その存在感、質感 すごいっす
c0077129_1404969.jpg

ミケランジェロが25歳で作ったといわれる、ピエタ像
c0077129_141072.jpg

感動したまま、30万人が入れるというサン・ピエトロ広場に出ると
心も晴れて気分爽快、このときだけカトリック教徒気分でした

「信じる気持ち」 photo by GR DIGITAL 2, Roma Dec 2007
[PR]
by buonoblu | 2007-12-26 02:01 | Europe
c0077129_382529.jpg


photo by GR DIGITAL Ⅱ
[PR]
by buonoblu | 2007-12-25 03:09 | Europe
c0077129_0321797.jpg

京都北野の長文屋さんで七味唐辛子を調合してもらい
c0077129_0323420.jpg

白梅町の西安食坊さんへ
c0077129_0354170.jpg

ぷりぷりの水餃子で腹を満たして南下
c0077129_0334868.jpg

伏見竹田のパルスプラザで京都環境フェスティバルを見学
ちょうど森脇さんと関テレの山本アナがトークショー中
c0077129_0335935.jpg

我が愛車!と言いたいとこですが
進化したディーゼルエンジンを体験できるメルセデスベンツブース
やや音を感じるガソリンエンジン並みの音
試乗させてもらいましたが、トルクフルでいい感じ
c0077129_0341073.jpg

マメに各イベントに出展しては水素自動車やディーゼル車のPR
をしているメルセデス
価格だけでなく、地道な活動に高いブランドを感じます

allphoto by GR DIGITAL Ⅱ
[PR]
by buonoblu | 2007-12-10 00:06 | Kyoto
c0077129_2141226.jpg

今年最後の見ごろになりそうなので
蓮華寺まできました
c0077129_2141169.jpg

ここは、訪問者が少ない穴場スポット
な感じですが、もう過去の話
写真には入れてませんが、団体様で
寺院は人が一杯
c0077129_21412829.jpg

c0077129_21413935.jpg

c0077129_21415167.jpg

c0077129_214233.jpg

c0077129_21421688.jpg

色鮮やかな紅葉を通して、
あたる秋の日差しにホッコリです

allphoto by GR DIGITAL Ⅱ
[PR]
by buonoblu | 2007-12-02 22:04 | Kyoto
c0077129_2265683.jpg

秋まっさかりの
c0077129_22425859.jpg

山梨県北杜にあるサントリー白州蒸留所
c0077129_22432478.jpg

薫り高いファクトリーで
モルト原酒が造られる工程を見学
工場の薫りだけで、気分がのってきます
c0077129_22434427.jpg

白州12年 飲み比べさせてもらって、
京都の「山崎」とは味も薫りも、かなり違うことを知りました
・・どっちもスキです
c0077129_2244866.jpg

所変わって、風林火山館
京都太秦のスタッフが作ったことを聞いてビックリ
c0077129_22443192.jpg

c0077129_22444981.jpg

武田家裏家紋の花菱が渋いです
c0077129_22454087.jpg

悠久の富士 信玄、勘助も、こんな風景見てたんでしょうね

photo by PENTAX K100D+DA21mmF3.2AL Limited
+TAMRON 180-200mm XR DiⅡ(ラストのみ)
[PR]
by buonoblu | 2007-12-02 00:28 | East Japan
←menuへ