spain06 バルセロナホテル ホテルモンテカルロ

c0077129_17402424.jpg

バルセロナ滞在で3泊したホテルモンテカルロ 人気のホテルなので、かなり早めにBookingCOMで予約。
予約時の合計で297ユーロなり。朝食は別です。Bookingは予約だけなのでホテルで清算します。
が、別の機会に書くとして初日にスリにあってしまい、現金被害は小さかったもののVISAカードがなくなったのが痛い。JCBカードで支払いできるか、事情を説明してチャレンジしてもらうものの不可。
出てすぐ隣にキャッシングコーナーがあり、そこではもう1枚のJCBでお金を調達して、現金で払いました。

それはさておき、空港からのバス降り場からは徒歩6-7分、カタルーニャ鉄道や地下鉄3号線の駅なら徒歩3分くらいの距離で、目の前がランブラス通り。非常に便利です。

元宮殿とのことで2Fのサロンフロアがおしゃれで、また屋上はあやふやですが9ー17時(?)くらいは宿泊者は自由に使えるとのこですが、観光に忙し過ぎて見れず、、
c0077129_18241735.jpg

部屋は入って正面に花器があり、なぜか中国語の言葉の柄。
右にダブルのベッドルーム、左手にバスサニタリールーム。で、こちらが4階の部屋でのベッドルーム。
殺風景に感じるほどフロアの予備スペースが広いので、トランクを余裕でひらげられるのでよいです。
エアコンもすぐ効く方で、テレビが少し上にあるのでベッドから見やすいのと、ベッド自体が枕元にあるスイッチで上半身が持ち上がるのでベッドに入りながらガイドブックをチェックできるので、なかなか便利。
あと、映ってないですが左の手間に机があり、机上にステレオもあり。ソニー製だったかな?ipodはつながりませんでした。右の手前にクローゼットあり、パスワード式の金庫もあり。
窓はのぞいても吹き抜けでまわりは建物であり、ランブラス通りや外の景色が見えない部屋でした。
c0077129_2056015.jpg

一番すごいのがコンセントの数。ベッドルームまわりで11箇所(デスク上にも1個)あり、どうしてこんなにたくさん作ったのか不思議ですが、電子機器の多く持ち歩く人にはいいかもしれません。(すべてCタイプ)
c0077129_2057260.jpg

サニタリー関係。ドライヤーもこちらにありました。バスオイルのほか、バスにいれる塩がありました。いれてみましたが効果は不明。シャンプーあれどコンディショナーがなかった気がします。
全体的に高級まではいかないですが、ランクの高い雰囲気はあり、広いです。窓もありますが部屋と同じく開けてみても壁です。
バスまわり含めて、比較的お湯が早くでるほうで優秀ではと思います。バスはジェットバスになりますが、やや勢いは小さめで、それなりに楽しいという感じ。

朝食は2012年10月時点で13.5ユーロでしたが前述のスリの件もあり、支出を抑え気味にしていたので、ほとんど向かいのカルフールでサンドウィッチやサラダ、ビールなど(それぞれ2ユーロくらい)調達しての生活でした。日曜日が休みなので、土曜日に調達するか、月曜日の朝食は近くの店でファーストフード(マクド、ケパブ、サンドウィッチ、ピザ)もあり、まあ困ることが何もないエリアです。

スタッフは見た限り全員男性だけでしたが、フレンドリーな中にホテルマンらしく、きちっとした動きをするので、安心感があります。その他で言うと、WiFiがつながりますので、チェックイン時にID、パスワード聞けば、少なくとも私の3泊中はそのまま継続して使えました。いろいろ書きましたが、景色を優先で楽しみたい人以外であれば、あまり欠点がない、便利なホテルで人気なのがうなづけます。

PENTAX k-5 16-50mm★f2.8 Limited & SONY Cyber-shot WX50
[PR]
by buonoblu | 2012-11-05 03:47 | Europe
←menuへ