RERで、パリ市内へ

c0077129_21554239.jpg

外も中も落書きだらけ 
高速郊外鉄道 RER(エールウーエール)でパリを移動

k-x with FA43



ガイドブックやWEBサイトであまり載ってないところを、いろいろと紹介

ANAが到着したシャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1
入国審査(4F=レベル4)から、荷物を受け取るためレベル5にあがり、
その後、バスか、タクシー、鉄道にのるためレベル1(1F)へ降りる。
全体的に暗いターミナルなので、なんともわかりにくい

前回来た時はバスだったので、今回は鉄道で行くことにする。
ターミナル1には、パリへ続く鉄道が乗り入れておらず、他のターミナルへ移動。
無料の連絡電車CDGVALの入り口を探す、、
c0077129_22133083.jpg

空港間を移動する電車CDGVALの入り口
c0077129_2316525.jpg

CDGVAL車内 運転手も車掌もいない無人電車です。
c0077129_22224148.jpg

駐車場駅をこえて2つめがターミナル3(ローコストキャリア向け)への駅。 
ここはRER B線のリンク駅でもあり下車
c0077129_2316259.jpg

RER B線のCDG 1駅(終点が2駅) 構内
地上に自動販売機があり、ユーロのコインか、クレジットカード(JCBは不可)にて
購入が可能。 市内までは8.5ユーロ
c0077129_23164845.jpg

コンコースの表示板
乗りたい電車は右手の16:43発 KROLだが、実際は25分遅れで来た。
アナウンスもなければ、電子表示もされない・・旅行者が多い待ち人は皆、不安げ。。

ちなみに左手のPEPEと、右手のKROL 最初のアルファベット PとKで行き先が違う。
両方とも市内は必ず通ります。 ただし、次のアルファベットEとRが違って、Rは快速。 

この駅を出ると、次は北駅まで一切止まらないが、E は、途中で2駅停車するので、
結構、地元通勤客が乗車してきます。(Eは、帰りに乗りました)

後半の2文字 PEとOLは意味がないらしく、ぺぺ、クロールなど、呼びやすいように
愛称のためについてるそうな。
c0077129_23181319.jpg

向かうは、宿泊先エッフェル塔近くのホテル。
サン・ミッシェル・ノートルダム駅にてRER B線から、ヴェルサイユ宮殿にもいける
RER C線に乗り換える。写真はC線のノートルダム駅。

あくまで地上電車なので、ホームの高さがとても低いのがよくわかります。
ちなみに空港駅からノートルダム駅間は、KROLで35分程度でした。
c0077129_2319403.jpg

C線は、2階建て車両がメイン。キレイな電車はこの旅で一度も見ませんでした。
これで、二駅先のアンバリッド駅に向かいます。
c0077129_23202240.jpg

10分程度で、アンヴァリッドに到着。で、ここで、乗り入れるメトロ8線に乗り換えで
エコルリミテールという駅へ。

なお、1-3ゾーンと呼ばれる都心部であれば、メトロ、バス、RERと共有で1チケット
で移動できますが、郊外から来た場合、同じチケットで乗り継ぎが出来ません。
アンヴァリッドで一度、改札を出ます。

1つ上のフロアの有人チケット売り場で、1日券(9ユーロ)と明日からの2日券
(14.7E)を購入。
3日券もありますが、どうも不安がよぎり、分ける。
チケット売り場のお姉さんは美人で、変な買い方にも親切に対応してくれる。
ここらへん、イタリア人の駅員とはエライ違うなーと関心。
c0077129_2320354.jpg

アンヴァリッドは、長い通路を通らねばならない、ことは知っていたのですが、
こんな感じ。動く歩道になってます。

当然、重たいスーツケースをずっとひきずって来ていますが、空港駅から最後のメトロ
駅から地上にあがるまで全てエスカレーターがあり、苦になりませんでした。

なお、メトロ同士の乗り換えではエスカレーターがない場合が多く、最初の到着時の
移動手段としてはおススメできません。

鉄道の乗り換え感覚もわかったので、ホテルにチェックインし、早速、夜のパリへ。
続く。
[PR]
by buonoblu | 2010-02-17 00:18 | Europe
←menuへ